佐野 聖子さんから会への賛同とメッセージをいただきましたので紹介します。

   第二次世界大戦終戦から70年を迎えるこの年、世界中で平和への深い願いともに、人びとが、かつてどのように戦争に組み込まれていったかを語っています。そこでは、ひとりの例外もなく誰もが被害者となり、そしてはからずもひとりの例外もなく誰もが加害者になることでしか生き残ることができなかった戦争の真実が明らかなっています。

こうした悲惨な戦争の体験を、我が身に引きつけて注意深く耳を傾け、どんなことがあっても「私は戦争をしない」と意思表示したい。戦争と武力の行使を永久に放棄し、交戦権を否定した日本国憲法第9条を護りたい。

集団的自衛権の行使を容認し、他国の戦争に日本が参加する道を開く安保法案(戦争法案)は憲法違反であり、直ちに廃案にすべきだと考えます。

佐野 聖子