昨日、衆院本会議で趣旨説明され、本日より特別委員会が開始

昨日、衆院本会議で趣旨説明され、本日より特別委員会が開始しました。今後、週3回(月・水・金)7時間で80~90時間の審議時間となる見込みと言われています。

今週は今日(5/27)と明日(5/28)の委員会で安倍首相が参加し総括質疑が行われ、来週5/29は一般質疑で外務大臣、防衛大臣と関係閣僚が参加。

特別委員は45人となったため、社民、生活などは委員に入れず。共産からは2人が委員となっています。基本的に野党はすべて法案反対の立場となっているが、民主と維新はグレーゾーンの「領域警備法案」に対する共同修正案を出す予定といわれています。

院内のすべての野党が反対の立場を堅持し、与党内からの反対の声を引き出していくためには、世論と国会論戦が大きなカギとなります。昨日(5月26日)の共産党の志位委員長の代表質問(5月27日付のしんぶん赤旗に掲載)がよくまとまっているので、ぜひご活用ください。

国会周辺には抗議の声をあげようと続々と人がつめかけました

特別委員会での真偽入りにあわせて、国会周辺には抗議の声をあげようと続々と人がつめかけ、断続的に集会が持たれました。写真は、マイクを握り関西弁で訴える全日本民医連是枝次長(医師部)です。

 

DSC_0322