医療九条の会・北海道は第10回定期総会記念講演会2/20「辺野古で考える憲法と市民の誕生」を案内していますので紹介します。

*下の画像をクリックするとPDFで読むことができます14103101

各位様

医療九条の会・北海道第10回定期総会

記念講演会「辺野古で考える憲法と市民の誕生」のご案内

寒さと降雪が続いておりますが、皆様方にはご健勝のことと存じます。本年も旧年に変わらず、温かいご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

安倍政権は、昨年9月、多くの国民の不安や反対の世論と運動に反して、「平和安全保障法」(戦争法)を強行成立させ、今年3月にも発動しようとしています。また、安倍首相は、年頭会見で、今年行われる参議院選挙で「憲法改正」を争点すると公言しています。

今、社会のあり方が根本から問われています。私たち「九条の会」の役割も高まっており、情勢にふさわしい活動が求められていると思っています。

総会記念講演会では、「辺野古で考える憲法と市民の誕生」と題して、オール沖縄で進めている取り組みについて、隔月ペースで沖縄を訪れ、その社会情勢や歴史に詳しい堀元進さん(旭町医院院長・当会副幹事長)が講演します。また、昨年末から約1ヶ月にわたって現地で難民支援活動を行ってこられた、北海道パレスチナ医療奉仕団(団長 猫塚義夫医師・当会幹事長)から、緊迫する中東情勢などについても特別報告します。

ぜひともお知り合いのみなさんにお声をかけていただき、たくさんの方々にご来場いただきたいと思います。

2016年2月   医療九条の会・北海道事務局

TEL(011)758-4585   FAX(011)716-3927 9jyo@dominiren.gr.jp