月刊保団連 2015.3 No.1183 に立川相互病院小児科・後期研修医の奥野理奈医師が『命と健康を守る医師の仕事と、戦時医療のギャップ』を寄稿しています。奥野医師と月刊保団連の了解のうえ、9条の会・医療者の会のHPなどに転載します。

*下の図をクリックするとPDFがひらきます
okuno