2015年5月17日付「しんぶん赤旗」に、一ツ橋大学名誉教授の渡辺治さんのインタビュー「戦争法案をどう阻止するか」が掲載されています。

渡辺さんがいわれるように、戦争法案は憲法9条明文改憲のさきがけ・前哨戦ではなく、憲法9条を破壊する改憲の本命という主張は、たたかいを急速にもりあげる必要を語っています。

*写真をクリックすると拡大されて何とか読むことはできると思いますが、ぜひ「しんぶん赤旗」を購読した上でお読み下さい

20150517watanabe