日野原重明先生からのメッセージを紹介します

*「院内集会 7.9安保法制に反対する医療福祉関係者のつどい」に日野原先生から寄せられたメッセージですメッセージ-4

 

メッセージ

私たちが、究極的に守りたいものは、天から与えられためいめいの命です。どんな外力をも排して、守り貫かなければなりません。

人間の一番残虐な行為は、自らを守るために他を殺すことです。人命を守ることは人間の本性でなくてはなりません。アルベルト・シュバイツァーは次のように述べています。「人間に対する真実の愛(いのちへの畏敬)とは、ともに経験し、ともに苦しみ、そして助けること」つまり相手のことを自分のように考えること、「恕す」ということです。

シュバイツァーは人生の最後にノーベル平和賞を受賞していますが、我々も彼の発言に従って平和を守りたいと思います。

W・オスラーが言う如く、人のいのちの重要性は、医師が一番よく知っています。医師こそ平和の最前線に立って、行動すべきと私は考えています。

2015年7月6日

聖路加国際病院 名誉院長 日野原重明

*「院内集会 7.9安保法制に反対する医療福祉関係者のつどい」に日野原先生から寄せられたメッセージです