『月刊保団連』誌(2015年3月号)の特集「『戦争のできる国』と医師たち」に、佐野康太医師(後期研修医)による報告「戦争の代償ー米兵のPTSDと薬物依存とホームレスと」が掲載されています。

佐野医師と『月刊保団連』編集部の了解を得て、9条の会・医療者の会のHPなどで紹介します。ぜひご一読ください。

*下の画像をクリックするとPDFファイルで全文が開きます

21-26特集_佐野氏7677