田口善章さん(東京都・薬剤師)から、会への賛同とメッセージをいただきましたので紹介します。

戦後70年、国内で戦争により犠牲者が出なかったのは、憲法があったことは否定できません。

幕末から1945年の敗戦まで、どれほど多くの人々が戦闘で亡くなったか、思い返せば明らかです。

私の母方の伯父も特攻隊で亡くなりました。会ったことはありません。

日本の周り、東アジア、太平洋諸国のみならず、世界中でも戦火の絶えなかった70年です。

戦火にまみれていた日本が平和を保てたこと、これは一種の奇跡です。

この奇跡を途絶えとだえさせてはいけません。憲法の存続を望みます。